琉球大学ジェンダー協働推進室

【募集終了しました】令和2年度「病児・病後児保育利用料補助事業」利用者を募集します。

 本事業は、本学に在職する教職員が育児支援における病児・病後児保育を利用する際の利用料の一部を補助することにより、教職員の仕事と家庭生活の両立を支援するものです。


【利用対象者】
 本学に在職する職員(非常勤職員の場合は社会保険加入者に限る)及び(独)日本学術振興会特別研究員(PD及びRPD)で、配偶者を有する場合は原則として配偶者が就労している場合のほか、特段の事情(配偶者の入院等)により、病児・病後児保育を利用しなければ就労することが困難であると認められる者(以下「利用者」という)とする。
 
【対象となる乳幼児等】
(1)0歳から小学校6年生までの乳幼児・児童
(2)身体障害者手帳又は療育手帳の交付を受けている満18歳に達するまでの子
※ただし、病児・病後児保育事業を実施している各病院等の規定に準ずる。
 
【補助の内容】
 1家庭につき10,000円まで
 ※なお、利用定員・対象児童・利用時間・利用の申込方法・利用料金等は、
 当該施設の規定によるものとし、診察や投薬料等医療費、送迎等サービスに係る
 料金は補助対象外とする。
 注)今年度より「病児・病後児実施施設一覧(別表1)」を削除し、
   利用施設を規定しないこととなりました。

 
【実施場所】
 病児・病後児保育事業を実施している各病院及び保育所等施設内
 (以下「病児・病後児保育実施施設」という)
 
【採択人数】
 若干名
 
【実施期間】
 令和2年4月1日(水)~令和2年3月31日(水)
 
【募集締切】
 令和2年4月23日(木)必着
 
【利用の申請】
 本事業の利用を希望する者は、実施要項をよく読み、「病児・病後児保育利用料補助事業利用申請書」を募集期間内にジェンダー協働推進室にご提出ください。

令和2年度 病児・病後児保育利用料補助事業【実施要項】
令和2年度 病児・病後児保育利用料補助事業 申請書

【書類提出先・お問い合わせ先】
ジェンダー協働推進室(担当 深谷・安里)
E-mail:gender@acs.u-ryukyu.ac.jp
TEL:098-895-8675(内線8675・2675)

【募集終了しました】国際学会派遣 +1 Visit 利用者を募集します。

本学は、令和元年度に文部科学省科学技術人材育成費補助事業「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(先端型)」の採択を受け、上位職登用に向けた女性研究者の育成と支援をおこなっています。
本事業では、特に女性研究者の研究力と管理運営能力の向上を推進することを目的として、係る費用の全額又は一部を補助します。

【申請資格】
 本学に在職する女性の教員で、教授・准教授・講師の職にあるもの
 (特任教員及び特命教員は除く)

【補助対象】
 下記の要件を満たす出張を対象とします。
  (1) 令和3年3月31日までの間に、国外で開催される国際学会等で本人が自ら
    研究成果発表をおこなうもの。原則、令和3年3月31日までに帰任する
    ものに限る。
  (2) 国際共同研究を推進するためのミーティングや新たな研究ネットワークの
    構築に関連する訪問、または教育研究機関等における管理運営に関する
    先進的取組の調査を目的とした訪問を、「+1 Visit」として学会参加の
    ための渡航に合わせて旅程に加えることとする。
  ※教員が個人でおこなう調査・研究を目的とする訪問は、「+1 Visit」に
   該当しませんので留意ください。

【募集人数・補助額等】
 募集人数:若干名
 補 助 額:予算の範囲内において、70万円を上限に措置します。
      応募状況等によって希望する補助額全額を支給できない場合が
      あります。
 支援対象:旅費(往復交通費、日当、宿泊費等)及び学会参加費
 ※同一の場所で連続して開催される学会等を除き、1人1件の応募とします。
 ※本事業による旅費等に不足額が生じた場合、他の研究費等と合わせて
  利用することが可能です。

【申請方法】
  ① 申請書(別紙様式1・要所属長の許可)
   ※「研究発表の概要」については、日本語による記載をお願いします。
  ② 学会のパンフレット(写)等
   (学会名称、開催期間、申請者が参加・発表することがわかる部分)
  ③ 学会参加費の明細書(金額の内訳がわかるもの)
  ④ 「+1 Visit」訪問先からの受入やアポイントメント等が確認できる書類
   (メール等)
  ⑤ 旅行日程表(別紙様式3)※様式は任意です。
  ⑥ フライトスケジュールが記載された航空券の見積書(写)又は旅費の目安が
   わかるもの(金額の内訳があるもの)。
   すでに支払いが完了している場合は、請求書等の写し。
  ⑦ その他、必要に応じて書類の提出をお願いする場合があります。

【申請締切】
 令和2年6月30日(火)必着

※詳細は、下記募集要項をご確認ください。

【募集要項等】
【募集要項】国際学会派遣+1Visit (R2)
【申請書】(別紙様式1)国際学会派遣+1Visit
【報告書】(別紙様式2)国際学会派遣+1Visit
(別紙様式3)旅行日程表

【募集終了しました】令和2年度第1期研究活動等支援員制度 利用者を募集します。

令和2年度第1期 琉球大学研究活動等支援員制度利用者の募集について

本学では、平成27年度に文部科学省科学技術人材育成費補助事業「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(特色型)」に採択され、女性研究者を支援するための様々な取組みを実施しております。

この度、本学に在職する研究者のライフイベント及びワーク・ライフ・バランスに配慮した研究環境の整備や女性研究者の研究力向上を目的に、「研究活動等支援員制度」を実施致します。

【申請対象者】
本制度による申請対象となる研究者は、本学に在職する専任教員、特命教員、特任教員、特命研究員
及び(独)日本学術振興会特別研究員(PD及びRPD)(※1)のうち次の①~④のいずれかに
該当する者とする。ただし、本人又は配偶者(※2)が産前産後休暇中、育児休業又は介護休業中の場合は、申請の対象とはならない。
※1 (独)日本学術振興会特別研究員に
  ついては、応募に際して、受入研究者の
  許可を得る必要がある。
※2 届出をしていないが、事実上婚姻関係と
  同様の事情がある者を含む。

①女性研究者で、次のアからエのいずれかに該当し、研究時間を十分に確保する
 ことが困難な者
 ア 妊娠中の者
 イ 小学校6年生までの子どもを養育している者
 ウ 要支援又は要介護の認定を受けている二親等以内の家族の介護に日常的に
   携わっている者
 エ その他、上記に準ずる理由がある者(例:難病、障がい者等の家族の
   介護がある等)
②女性研究者で、諸事情(例:ライフイベントや学内委員会委員等、社会貢献・
 地域貢献等)により研究時間を十分に確保することが困難な者
③配偶者が常勤の研究者である男性研究者のうち、配偶者が妊娠中である者、
 もしくは上記①のイからエのいずれかに該当し、研究時間を十分に確保する
 ことが困難である者
④独身または単身の男性研究者で、上記①のイからエのいずれかに該当し、
 研究時間を十分に確保することが困難である者

【募集人数】
若干名

【支援期間】
令和2年6月1日~令和2年10月31日

※支援員の配置は6月1日(月)からを予定しておりますが、手続きの都合上、
 開始時期がずれる場合もございます。
 また、研究活動等支援員候補者が条件等に具備しない場合には採用が
 できないことや、書類に不備がある場合などはさらに採用手続きに
 時間を要すことがありますのでご了承ください。

【応募締切】
令和2年4月10日(金) 必着

詳細は下記募集案内、取扱要項をご確認ください。

【募集案内】研究活動等支援員制度
【別紙1】研究支援員制度 利用申請書(記入例・申請書様式)
【別紙4】研究業績調書

【募集終了】令和元年度「英語でおこなうリーダーシップ研修」-ファシリテーション-

 「ファシリテーション」の日程変更につき、参加者を再募集いたします。
 ※「パブリックスピーキング」は3月4日(水)を以て終了いたしました。

 ジェンダー協働推進室では、文部科学省科学技術人材育成費補助事業「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(特色型)」の一環として、女性教員(主に教授、准教授、講師)を対象に下記のとおり、令和元年度 英語で行うリーダーシップ研修を開催します。
 リーダーシップが求められる場面で臆することなくその力を十分に発揮することができるよう、「パブリックスピーキング」と「ファシリテーション」の2つをテーマに、スキル習得のための研修を行います。

令和元年度 英語でおこなうリーダーシップ研修
「いざという時に役立つ 
 パブリックスピーキング&ファシリテーション」

日  時:令和2年3月11日(水)9:00-12:00
        
内  容:ファシリテーション
     会議や研究ミーティング等の場において、ディスカッションの
     スムーズな進行方法や会話(コミュニケーション)の中での
     自己表現の方法等のスキルを学びます。

会  場:琉球大学 50周年記念会館2階 多目的交流ラウンジ
対 象 者:本学に所属する女性教員(主に教授、准教授、講師)
講  師:アイリーン・トモエ・クーパー氏
      (株式会社PRESENT 代表取締役社長)
定  員:10名程度
参 加 費:無料
言  語:英語
     ※英語のレベルは問いません。英語力向上を目指す方はどなたでも
      ご参加いただけます。
     ※講師は日本語も話せますので、英語力に不安がある方も
      ご参加いただけます。
申込方法:下記申し込みフォームよりお申込みください。
      また、講師より事前アンケートが届いております。
      ご協力くださいますようお願いいたします。
      ※所要時間は5分程度です
応募締切:令和2年3月9日(月)15:00
     ※定員に達し次第、申し込みを締め切ります。
     ※途中参加、途中退席、中座はご遠慮ください。

【お問い合わせ先】
琉球大学ジェンダー協働推進室
連絡先:098-895-8675 (内線:2675・8675)  担当:深谷・安里

【開催中止】「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(先端型)」キックオフ講演会

以下の講演会につきまして、新型コロナウイルス感染症のリスク拡大を考慮し、開催を中止することといたしました。
皆様にはご迷惑をおかけし誠に申し訳ございませんが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

「キックオフ講演会」開催中止について(2020.2.28)

————————————————————————————————————-
文部科学省科学技術人材育成費補助事業
「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(先端型)」キックオフ講演会

演題「医学分野における女性の登用 -米国と日本の状況比較」

日時:令和2年3月6日(金)13:00~14:30

会場:琉球大学 文系講義棟(旧法文新棟)201

講師:金城 さくら 氏
   (カリフォルニア大学サンフランシスコ校
    麻酔科 臨床教授)

対象:本学所属の教職員、学生
   (関心のある方どなたでも)

【お問い合わせ先】
琉球大学ジェンダー協働推進室(深谷・安里)
連絡先:098-895-8675 (内線:8675、2675)

【募集終了】令和元年度「英語でおこなうリーダーシップ研修」を開催します。

3月4日(水)13:30-16:30 に開催を予定しておりました「ファシリテーション」の日時・会場が、以下のとおり変更となりました。

「ファシリテーション」
日時:3月11日(水)9:00-12:00
会場:琉球大学50周年記念会館2階 多目的交流ラウンジ

———————————————————————————————————————
ジェンダー協働推進室では、文部科学省科学技術人材育成費補助事業「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(特色型)」の一環として、女性教員(主に教授、准教授、講師)を対象に下記のとおり、令和元年度 英語で行うリーダーシップ研修を開催します。
 リーダーシップが求められる場面で臆することなくその力を十分に発揮することができるよう、「パブリックスピーキング」と「ファシリテーション」の2つをテーマに、スキル習得のための研修を行います。

令和元年度 英語でおこなうリーダーシップ研修
「いざという時に役立つ 
 パブリックスピーキング&ファシリテーション」

日  時:令和2年3月4日(水)
      1) 9:00-12:00
        パブリックスピーキング
      2)13:30-16:30
        ファシリテーション
     ※上記プログラムのいずれかまたは両方を受講することができます。

内  容:1) パブリックスピーキング
        学会や会議でのプレゼンテーション等、スピーチをする機会に、
        より効果的に伝える話し方、振る舞い方や心構え等のスキルを
        学びます。
     2) ファシリテーション
        会議や研究ミーティング等の場において、ディスカッションの
        スムーズな進行方法や会話(コミュニケーション)の中での
        自己表現の方法等のスキルを学びます。

会  場:琉球大学 本部棟2階 第一研修室
対 象 者:本学に所属する女性教員(主に教授、准教授、講師)
講  師:アイリーン・トモエ・クーパー氏
      (株式会社PRESENT 代表取締役社長)
定  員:各回 10名程度
参 加 費:無料
言  語:英語
     ※英語のレベルは問いません。英語力向上を目指す方はどなたでも
      ご参加いただけます。
     ※講師は日本語も話せますので、英語力に不安がある方も
      ご参加いただけます。
申込方法:下記申し込みフォームよりお申込みください。
      また、講師より事前アンケートが届いております。
      ご協力くださいますようお願いいたします。
      ※所要時間は5分程度です
応募締切:令和2年2月25日(火)

申込は終了しました。

【お問い合わせ先】
琉球大学ジェンダー協働推進室
連絡先:098-895-8675 (内線:2675・8675)  担当:深谷・安里

【募集終了】令和元年度 かなさん介護セミナー開催のお知らせ

 ジェンダー協働推進室では、文部科学省科学技術人材育成費補助事業「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(特色型)」における女性研究者のワークライフバランス推進の一環として、かなさん介護セミナーを開催いたします。
 

 
令和元年度介護セミナー
 「離れて暮らす親の介護
  ~知っておくべき心構えと実用情報~」

日  時:令和2年2月18日(火)10:20~11:50

会  場:琉球大学 本部棟2F 第1研修室

講  師:太田 差惠子 氏
     (介護・暮らしジャーナリスト、
      NPO法人パオッコ理事長、AFP)

対  象:本学所属の教職員
     (男女問わず、関心のある方どなたでも)

申込締日:令和2年2月14日(金)15:00
     ※空きがあれば当日参加も可。

             募集は終了いたしました。

【お問い合わせ先】
琉球大学ジェンダー協働推進室(深谷・安里)
連絡先:098-895-8675 (内線:8675、2675)

【募集終了】令和元年度 イクボスセミナー開催のお知らせ

ジェンダー協働推進室では、このたび文部科学省科学技術人材育成費補助事業「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(先端型)」の採択を受け、、部下や同僚等の育児や介護、ワークライフバランス等に配慮・理解のある上司を指す「イクボス」を養成するための「イクボスセミナー」を開催します。
 

令和元年度 イクボスセミナー
「あなたもイクボスになりませんか?」

日 時:令和2年2月13日(木)
    13:00~16:00

場 所:琉球大学 本部棟2階 第一研修室

対象者:本学に所属する教職員
    (特に、上位職、管理職にあたる教職員)

講 師:青木 朋博氏 (株式会社インソース)

内 容:イクボスとは、という基礎知識から
    管理職としての役割や出産・育児と仕事のワークライフバランスに取り組ん
    でいる部下・メンバーとの関わり方について学ぶ。

応募締切:令和年2月10日(月)
     ※申込期間が短いため、ご留意ください。
     
下記の申し込みフォームよりお申込みいただけます。

【お問い合わせ先】
琉球大学ジェンダー協働推進室
連絡先:098-895-8675 (内線:8675)  担当:深谷・比嘉

(終了しました)第3回 琉大未来共創フォーラム のご案内

この度、以下のとおり、津田塾大学の高橋裕子学長をお招きし、第3回琉大未来共創フォーラムを開催することとなりました。
本フォーラムは、令和元年度文部科学省科学技術人材育成費補助事業「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(先端型)」の一環として開催します。

【お申込み・お問い合わせ】
琉球大学 総合企画戦略部 地域連携推進課 企画係
電話:098-895-8997・8998
FAX:098-895-8185
E-mail:chikikaku@acs.u-ryukyu.ac.jp


【募集終了】令和元年度「スキルアップセミナー」を開催について(女性研究者対象)

ジェンダー協働推進室では、文部科学省科学技術人材育成費補助事業「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(特色型)」の一環として、スキルアップセミナーを開催いたします。
講師にファイリング・コンサルタントの小野 裕子氏をお迎えし、より効率的に仕事に取り組むための方法の一つとして、文書や情報を整理・管理するスキルを学びます。

*応募者多数につき、女性研究者を優先いたします。ご了承ください。


日  時:令和2年2月20日(木)9:00-12:00

場  所:琉球大学 本部棟2階 第一研修室
    *研究者交流施設・50周年記念館(AB)
     に変更しました。

対  象:本学に所属する女性研究者

申込締切: 令和2年2月7日(金)

申込方法:下記、申込フォームよりお申し込みください。

*応募者多数により、申込終了いたしました。

【お問い合わせ先】
琉球大学ジェンダー協働推進室 (深谷・比嘉)
連絡先:098-895-8675 (内線:2675・8675)

琉球大学は女性研究者を支援しています!琉球大学は女性研究者を支援しています! ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(先端型)
うない基金
琉球大学公式サイトへ
琉球大学 ハラスメント相談窓口
うない研究者支援センター公式サイトへ Q-wea's net 九州・沖縄アイランド女性研究者支援ネットワーク Opened 全国ダイバーシティネットワーク