琉球大学ジェンダー協働推進室

【募集終了しました】令和元年度「英文校閲費用補助事業」利用者を募集します。

令和元年度「英文校閲費用補助事業」

女性研究者のキャリアアップを推進することを目的として、学術雑誌への投稿論文や学会発表用の英文校閲に係る費用を補助する事業です。

1.申請資格
(1)本学に在職する女性研究者(教員特任含む及びポスドク研究員)
(2)本学に在職する女性研究者
   (教員特任含む、ポスドク研究員および(独)日本学術振興会特別研究員PD
  及びRPD)のうち、産前・産後休暇、育児休業及び介護休業等により、過去3年
  以内にライフイベントを理由として研究活動を3ヶ月以上中断した方

2.補助対象
 平成31年4月1日から令和2年2月28日の間に、学術雑誌への投稿用論文の
 英文校閲を行い投稿が完了するものを対象とします。
 ただし、申請者本人が筆頭著者及びコレスポンディング・オーサーとして
 発表する場合に限ります。
 ※今年度より対象期間は通期となり、第2期の募集は行いません。
 ※他の外国語で執筆した論文の校閲について補助をご希望の方はご相談ください。
 ※応募者多数の場合、過年度の同事業の未採択者を優先することがあります。

3.募集人数・補助額
  募集人数: 3名程度(内、復帰支援として1名)
  補 助 額 : 上限3万円
       (予算、応募状況によって全額支給できない場合があります)
  ※1件の申請につき、1回の校閲に限ります。

4.締め切り
  令和元年12月27日(金)必着

5.選考方法
  ジェンダー協働推進室において、申請書類をもとに、投稿予定論文の完成度
  または準備状況等に加え、ジェンダー協働推進室が主催する事業への
  参加・協力等の実績を総合的に判断し、採択者及び補助額を決定します。
  なお、申請が多数の場合には、機会の平等性を期すため過年度の同事業の
  未採択者を優先することがあります。

6.要項等
令和元年度 英文校閲費用補助事業募集要項
(別紙様式1)R1英文校閲費用補助申請書
(別紙様式2)R1英文校閲費用補助報告書

【募集終了】令和元年度「オーガナイザー養成支援」の利用者を募集します。

 本学は令和元年度に文部科学省科学技術人材育成費補助事業「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(先端型)」の採択を受け、上位職登用に向けた女性研究者の育成と支援をおこなっています。
 本事業では、将来、学内だけでなく学会や外部委員会等の企画や運営等においてもリーダーシップを発揮できる人材の育成を目的とし、特に女性教員自らがオーガナイザーとして企画・運営に携わる研究発表会やセミナー・シンポジウム(以下「プログラム」という。)の実施に係る費用の全額又は一部補助を含む事業の開催を支援します。


【申請資格】
 本学に在職する女性教員(特任教員及び特命教員は除く)


【補助対象となるプログラム】
 女性教員自らが主催者として企画し運営する研究発表会、セミナー、シンポジウム等。学外から講師またはゲストを招聘し、当該年度末までに実施することを条件とする。
 プログラムの内容や招聘者との連絡・調整を始め、開催に係る広報や会場設営等の事前準備、当日の進行等の運営については、女性教員自らがリーダーシップを発揮して進めていくが、必要に応じてジェンダー協働推進室がサポートする。


【募集人数・補助額等】
 募集人数:若干名
 補 助 額 :予算の範囲内において、100万円を上限に補助します。
      (応募状況等によって、希望する補助額全額を支給できない場合があり
       ます。)
  
※本事業は「文部科学省科学技術人材育成費補助金」によって行われるものであるため、本学の規定等に関わらず、当該補助金において経費として認められない場合には補助対象外となる場合があります。このため、ジェンダー協働推進室と事前に協議・調整の上、適切な執行に努めてください。
※本事業による経費に不足額が生じた場合、他の研究費等と合わせて利用することが可能です。


【申請方法】
 申請を希望する者は、以下の書類をジェンダー協働推進室に提出願います。
 ① 申請書(別紙様式1)
 ② 予算書(別紙様式3)
 ③ 招聘予定者の情報(所属や経歴がわかるもの。HP等の写しも可)
 ④ その他、必要に応じて書類の提出をお願いする場合があります。


【申請締切】
  令和元年11月8日(金)必着

※詳細については、下記募集要項をご確認ください。

【募集要項等】
  ●R1オーガナイザー養成支援 募集要項
  ●(別紙様式1)R1オーガナイザー養成支援申請書
  ●(別紙様式2)R1オーガナイザー養成支援報告書
  ●(別紙様式3)予算書
  ●(別紙様式3)予算書_記入例
  ●(別紙様式4)決算書


【募集終了しました】令和元年度「国際学会派遣 +1 visit」の利用者を募集します。

本学は、令和元年度に文部科学省科学技術人材育成費補助事業「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(先端型)」の採択を受け、上位職登用に向けた女性研究者の育成と支援をおこなっています。
本事業では、特に女性研究者の研究力と管理運営能力の向上を推進することを目的として、係る費用の全額又は一部を補助します。

【申請資格】
  本学に在職する女性の教員で、教授・准教授・講師の職にあるもの
  (特任教員及び特命教員は除く)

【補助対象】
  下記の要件を満たす出張を対象とします。
  (1)令和2年3月31日までの間に、国外で開催される国際学会等で本人が自ら
    研究成果発表をおこなうもの。
    原則、令和2年3月31日までに帰任するものに限る。
  (2)国際共同研究を推進するためのミーティングや新たな研究ネットワークの
    構築等の研究に関連する訪問、または教育研究機関等における管理運営に
    関する先進的取組の調査を目的とした訪問を、「+1 Visit」として学会参加
    のための渡航に合わせて旅程に加えることとする。

【募集人数・補助額等】
  募集人数:若干名
  補 助 額:予算の範囲内において、70万円を上限に措置します。
       応募状況等によって希望する補助額全額を支給できない場合が
       あります。
  支援対象:旅費(往復交通費、日当、宿泊費等)及び学会参加費
  ※同一の場所で連続して開催される学会等を除き、1人1件の応募とします。
  ※本事業による旅費等に不足額が生じた場合、他の研究費等と合わせて
   利用することが可能です。

【申請方法】
  ① 申請書(別紙様式1・要所属長の許可)
   ※「研究発表の概要」については、日本語による記載をお願いします。
  ② 学会のパンフレット(写)等
   (学会名称、開催期間、申請者が参加・発表することがわかる部分)
  ③ 学会参加費の明細書(金額の内訳がわかるもの)
  ④ 「+1 Visit」訪問先からの受入やアポイントメント等が確認できる書類
   (メール等)
  ⑤ 旅行日程表(別紙様式3)※様式は任意です。
  ⑥ フライトスケジュールが記載された航空券の見積書(写)又は旅費の目安が
   わかるもの(金額の内訳があるもの)。
   すでに支払いが完了している場合は、請求書等の写し。
  ⑦ その他、必要に応じて書類の提出をお願いする場合があります。

【申請締切】
  令和元年11月8日(金)必着

※詳細は、下記募集要項をご確認ください。

【募集要項等】
  ●R1国際学会派遣+1Visit 募集要項
  ●(別紙様式1)R1国際学会派遣+1Visit 申請書
  ●(別紙様式2)R1国際学会派遣+1Visit 報告書
  ●(別紙様式3)旅行日程表



「第28回 金城芳子基金」のご案内

公募情報について、下記のとおりお知らせいたします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「第28回 金城芳子基金」

『金城芳子基金』は、「沖縄女性の地位向上のために役立てたい」と願っていた金城芳子さん(1902-1991)の生前の強い意思により、ご遺族によって平成4年(1992)に創設されました。

【目的】
沖縄女性のため、社会的に意義のある活動や調査研究を行う個人、団体及びグループに資金を助成する。

【助成金額】
30万円(助成件数1件)

【助成対象】
原則として女性であること(個人、団体及びグループ)

【募集締切】
令和2年3月31日(火) 当日消印有効

  • お問い合せ・応募先
    「金城芳子基金」運営委員会 事務局長 浦崎成子
    Tel:098-944-5025
    E-mail:urasaki1@diary.ocn.ne.jp


    詳しくは、こちら(金城芳子基金/公益財団法人沖縄協会)をご覧ください。


  • 【募集終了】琉球大学岸本基金寄附金「女子大学院生対象グローバル人材育成事業」利用者を追...

     琉球大学岸本基金寄付金事業において、次世代女性研究者養成の一環として本学の女子大学院生を海外の研究機関等に派遣する「女子大学院生対象グローバル人材育成事業」を実施します。本事業は、海外の研究機関に派遣する際の費用の一部を支援するもので、この度その利用者を追加募集いたします。


    【申請対象者】
    本学の博士課程(後期課程)及び専門職学位課程に所属する女子大学院生(但し、休学中の者を除く。)*注 鹿児島大学大学院連合農学研究科(博士課程後期)に在学し、主指導教員が琉球大学に在職する者を含む
    ●派遣先での研究に必要な実践的な語学運用能力を備え、国際性豊かな研究者及び高度専門職業人として将来性があると認められる者
    ●研究のために海外に滞在中でない者
    ●当該派遣について、他の奨学金及び助成金を得ていない者
    ●外国籍を有する者がその国への派遣を希望する場合は、支援対象としない。ただし、永住者又は特別永住者の在留資格を有する者については、この限りではない。

    【派遣期間】 
    採択決定後、令和2年3月15日までの期間中、最長60日間(最短10日間)。
    渡航は一回に限る。
    *予め受け入れ先と協議の上、派遣期間を設定し申請してください。

    【支援内容】
    ・派遣準備金 25万円
    ・奨 学 金 25万円

    【募集人数】
     2名

    【応募締切】
    令和元年10月11日(金) 必着

    【選考通知】
    令和元年11上旬
    *面接審査を10月中に実施する予定です。
     対象者には、日時・場所等の詳細について別途通知します。

    【提 出 先】
    琉球大学ジェンダー協働推進室(担当:深谷・安里)
    *所定の応募用紙を、所属する研究科長の承認を得た上で提出してください。
    ℡:098-895-8675(内線:2675)
    E-mail:gender@acs.u-ryukyu.ac.jp

    【資  料】
    女子大学院生対象グローバル人材育成事業 追加募集(募集要項)
    様式1(申請書)女子大学院生対象グローバル人材育成事業
    様式2(推薦理由書)女子大学院生対象グローバル人材育成事業

    【募集終了】2019年度第2期研究活動等支援員制度 利用者を募集します。

    2019年度第2期 琉球大学研究活動等支援員制度利用者の募集について

    本学では、平成27年度に文部科学省科学技術人材育成費補助事業「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(特色型)」に採択され、女性研究者を支援するための様々な取組を実施しております。

    この度、本学に在職する研究者のライフイベント及びワーク・ライフ・バランスに配慮した研究環境の整備や女性研究者の研究力向上を目的に、
    「研究活動等支援員制度」を実施致します。

    【申請対象者】
    本学に在職する専任教員、特命教員、特任教員、
    特命研究員及び(独)日本学術振興会特別研究員(PD及びRPD)(※1)のうち、下記の①~④のいずれかに該当する者とします。ただし、本人又は配偶者(※2)が産前産後休暇中、育児休業又は
    介護休業中の場合は、申請の対象とはなりません。
    ※1特命研究員及び(独)日本学術振興会特別研究員については、研究支援のみの応募に限ります。また、(独)日本学術振興会特別研究員については、応募に際して、受入研究者の許可を得る必要があります。
    ※2届出をしていないが、事実上婚姻関係と同様の事情がある者を含む。

    ①女性研究者で、次のアからエのいずれかに該当し、研究時間を十分に確保する
     ことが困難な者
     ア 妊娠中の者
     イ 小学校6年生までの子どもを養育している者
     ウ 要支援又は要介護の認定を受けている二親等以内の家族の介護に日常的に
       携わっている者
     エ その他、上記に準ずる理由がある者(例:難病、障がい者等の家族の
       介護がある等)
    ②女性研究者で、諸事情(例:ライフイベントや学内委員会委員等、社会貢献・
     地域貢献等)により研究時間を十分に確保することが困難な者
    ③配偶者が常勤の研究者である男性研究者のうち、配偶者が妊娠中である者、
     もしくは上記①のイからエのいずれかに該当し、研究時間を十分に確保する
     ことが困難である者
    ④単身の男性研究者で、上記①のイからエのいずれかに該当し、研究時間を
     十分に確保することが困難である者

    【募集人数】
    若干名

    【支援期間】
    2019年11月1日~2020年3月31日

    ※支援員の配置は11月1日(金)からを予定しておりますが、手続きの都合上、
     開始時期がずれる場合もございます。
     また、研究活動等支援員候補者が条件等に具備しない場合には採用が
     できないことや、書類に不備がある場合などはさらに採用手続きに
     時間を要すことがありますのでご了承ください。

    【応募締切】
    2019年8月20日(火) 必着

    詳細は下記募集案内、取扱要項をご確認ください。

    2019年度第2期・研究活動等支援員制度募集案内

    【改定】国立大学法人琉球大学研究活動等支援員取扱要項

    【別紙1】研究支援員制度利用申請書

    【別紙1】研究支援員制度利用申請書(記入例)

    【別紙4】研究業績調書

    書類提出・問い合わせ先 琉球大学ジェンダー協働推進室(担当 深谷・比嘉)

    Tel:098-895-8675(内線:8675・2675)
    E-mail:gender@acs.u-ryukyu.ac.jp





    【募集終了しました】令和元年度 国際学会派遣費用補助事業の利用者を募集します。

    女性研究者のキャリアアップを推進することを目的として、国際学会等で研究成果発表を行うために必要な旅費等を補助する事業です。

    1.申請資格
    (1)本学に在職する女性研究者
      (教員(特任含む。ただし教授を除く)及びポスドク研究員)
    (2)本学に在職する女性研究者
      (教員(特任含む。ただし教授を除く)、ポスドク研究員及び
      (独)日本学術振興会特別研究員PD及びRPD)のうち、産前・産後休暇、
       育児休業及び介護休業等により、過去3年以内にライフイベントを理由として
       研究活動を3ヶ月以上中断した方

    2.補助対象
     平成31年4月1日から令和2年3月31日までの間に、
     県外(国外含む)で開催される国際学会等で本人が自ら研究成果発表を行うもの。
     原則、令和2年3月31日までに帰任するものに限ります。
     ※今年度は年度を通して今回1回のみの募集となります。

    3.募集人数・補助額等
     募集人数:3名程度(内、復帰支援1名)
     補 助 額 : 上限5万円
          (予算、応募状況によって全額支給できない場合があります。)
     支援対象 :旅費(往復交通費、日当、宿泊費等)及び学会参加費
     ※同一の場所で連続して開催される学会等を除き、1人1件の応募とします。
     ※応募者多数の場合、過年度の同事業の未採択者を優先することがあります。
     ※本事業による旅費に不足額が生じた場合、他の研究費等と合わせて利用する
      ことが可能です。

    4.締め切り
     令和元年6月28日(金)必着

    5.選考方法

     ジェンダー協働推進室において、申請書類をもとに、査読の有無、発表形態、
     学会の規模等に加え、ジェンダー協働推進室が主催する事業への参加・協力等の
     実績を総合的に判断し、採択者及び補助額を決定します。
     なお、申請が多数の場合には、機会の平等性を期すため過年度の同事業の
     未採択者を優先することがあります。

    6.要項等

    令和元年度 国際学会派遣費用補助事業募集要項
    (別紙様式1)R1国際学会派遣申請書
    (別紙様式2)R1国際学会派遣報告書
    (別紙様式3)旅行日程表1


    【募集終了しました】令和元年度オープンキャンパス託児室 利用者を募集します。

    本学の教職員の仕事と生活の両立支援の一環として、「オープンキャンパス」の実施に伴い、託児ルームを設置いたします。

    【利用対象者】
    0歳から小学3年生までの子を養育している本学に所属する教職員(常勤・非常勤)でオープンキャンパス業務に従事する者。なお、対象児童とともに小学校4年生~6年生の兄姉の保育を希望する場合は、利用可能とします。また、障がいのあるお子さんについて相談に応じます。ジェンダー協働推進室までお問い合わせください。

    【募集児童数】
     3~10名
     ※最小開設人数3名
    【保育場所】
     琉球大学 本部棟2階 第一研修室
    【保育時間】
     7月13日(土)8:00-18:00
      ※延長保育はありません。
    【利用料】
     無料
    【申込締切】
     令和元年6月27日(木)15時まで
     ※キャンセルのご連絡は6月28日(金)までに
      お願いいたします。
      それ以降のキャンセルにつきましては、費用をご負担いただく場合があります。
      予めご了承ください。

     ※詳しくは、下記募集要項をご確認ください。
     オープンキャンパス 一時託児室 募集要項

    【主催・お問い合わせ先】
     琉球大学ジェンダー協働推進室
     連絡先:098-895-8675 (内線:2675,8675)  担当:深谷、比嘉
     メール:gender@acs.u-ryukyu.ac.jp

    【募集終了しました】2019年度第1期研究活動等支援員制度利用者を募集します。

    2019年度第1期 琉球大学研究活動等支援員制度利用者の募集について

    本学では、平成27年度に文部科学省科学技術人材育成費補助事業「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(特色型)」に採択され、女性研究者を支援するための様々な取組みを実施しております。

    この度、本学に在職する研究者のライフイベント及びワーク・ライフ・バランスに配慮した研究環境の整備や女性研究者の研究力向上を目的に、「研究活動等支援員制度」を実施致します。

    【申請対象者】
    本学に在職する専任教員、特命教員、特任教員、特命研究員及び(独)日本学術振興会特別研究員(PD及びRPD)(※1)のうち、下記の①~④のいずれかに該当する者とします。ただし、本人又は配偶者(※2)が産前産後休暇中、育児休業又は介護休業中の場合は、申請の対象とはなりません。
    ※1特命研究員及び(独)日本学術振興会特別研究員については、研究支援のみの
     応募に限ります。また、(独)日本学術振興会特別研究員については、
     応募に際して、受入研究者の許可を得る必要があります。
    ※2届出をしていないが、事実上婚姻関係と同様の事情がある者を含む。

    ①女性研究者で、次のアからエのいずれかに該当し、研究時間を十分に確保する
     ことが困難な者
     ア 妊娠中の者
     イ 小学校6年生までの子どもを養育している者
     ウ 要支援又は要介護の認定を受けている二親等以内の家族の介護に日常的に
       携わっている者
     エ その他、上記に準ずる理由がある者(例:難病、障がい者等の家族の
       介護がある等)
    ②女性研究者で、諸事情(例:ライフイベントや学内委員会委員等、社会貢献・
     地域貢献等)により研究時間を十分に確保することが困難な者
    ③配偶者が常勤の研究者である男性研究者のうち、配偶者が妊娠中である者、
     もしくは上記①のイからエのいずれかに該当し、研究時間を十分に確保する
     ことが困難である者
    ④単身の男性研究者で、上記①のイからエのいずれかに該当し、研究時間を
     十分に確保することが困難である者

    【募集人数】
    若干名

    【支援期間】
    2019年6月1日~2019年10月31日

    ※支援員の配置は6月1日(土)からを予定しておりますが、手続きの都合上、
     開始時期がずれる場合もございます。
     また、研究活動等支援員候補者が条件等に具備しない場合には採用が
     できないことや、書類に不備がある場合などはさらに採用手続きに
     時間を要すことがありますのでご了承ください。

    【応募締切】
    2019年4月18日(木) 必着
    詳細は下記募集案内、取扱要項をご確認ください。


    2019年度第1期・研究活動等支援員制度募集案内

    【改定】国立大学法人琉球大学研究活動等支援員取扱要項

    【別紙1】研究支援員制度利用申請書

    【別紙1】研究支援員制度利用申請書(記入例)

    【別紙4】研究業績調書

    2019年度第1期研究活動等支援員制度に関する補足事項

    書類提出・問い合わせ先 琉球大学ジェンダー協働推進室(担当 深谷・比嘉)

    Tel:098-895-8675(内線:8675・2675)

    E-mail:gender@to.jim.u-ryukyu.ac.jp
        *4月1日以降からメールのドメインが変更となります。
        gender@acs.u-ryukyu.ac.jp




    【募集終了】2019年度女性教員短期研究専念制度 再募集について

    2019年度女性教員短期研究専念制度利用者を再募集します。


     本学では、女性教員(教授、准教授、講師又は助教(特任及び特命教員を除く。))を対象とした短期(1月~半年以内)研究専念制度を実施いたします。
    本制度は、従来のサバティカル制度とは異なり、本学の教育・研究の発展に貢献できる人材を育成することを目的に、女性教員を対象に実施するものです。先に通知しました募集では残念ながら応募がありませんでしたので、改めて下記のとおり募集いたします。
     詳細は、下記「実施要項」及び「募集要項」をご確認ください。

    【申請資格】
     本制度を利用できる女性教員は、次の要件を全て満たしているものとする。
     (1)本学における在職期間が継続して3年を超える者。
     (2)本制度を利用した後、5年以上本学で勤務することができる者。
     (3)所属部局等の長が承諾した者。

    【制度利用期間】
     2019年8月1日から2020年3月31日までの期間中の1月以上6月以内の
     継続した期間
     ※その内の一定日数を本学以外の教育研究機関等での研究又は学術調査に
      充てることとする。

    【採択人数】
     若干名
     
    【応募締切】
     2019年4月26日(金)必着

    【提出先】
     ジェンダー協働推進室

    【募集要項】H31女性教員短期研究専念制度
    【実施要項】国立大学法人琉球大学女性教員短期研究専念制度
    【利用申請書】H31女性教員短期研究専念制度
    【利用報告書】H31女性教員短期研究専念制度
    【別添1】H31年度女性教員短期研究専念制度申請者所要見込額



    琉球大学は女性研究者を支援しています!琉球大学は女性研究者を支援しています! うない研究者支援センター公式サイトへ 琉球大学公式サイトへ
    琉球大学 ハラスメント相談窓口
    うない基金
    Q-wea's net 九州・沖縄アイランド女性研究者支援ネットワーク