琉球大学ジェンダー協働推進室


【募集】令和3年度英文校閲費用補助事業・国際学会派遣費用補助事業について

 女性研究者のキャリアアップを推進することを目的として、学術雑誌への投稿論文や学会発表用の英文校閲に係る費用、国際学会等で研究成果発表を行うために必要な費用(学会参加費及び旅費)を一部補助する事業です。

【英文校閲費用補助事業】
1.申請資格
  (1)本学に在職する女性研究者(教員(特任含む)及びポスドク研究員)
  (2)本学に在職する女性研究者(教員(特任含む)、ポスドク研究員及び
     (独)日本学術振興会特別研究員PD及びRPD)のうち、産前・産後
     休暇、育児休業及び介護休業等により、過去3年以内にライフ
     イベントを理由として研究活動を3ヶ月以上中断した方)
  ※令和3年4月1日から令和4年2月28日の間に、学術雑誌への投稿用
   論文の英文校閲を行い投稿が完了するものを対象とします。
   ただし、申請者本人が筆頭著者及びコレスポンディング・オーサーとして
   発表する場合に限ります。
  ※他の外国語で執筆した論文の校閲について補助をご希望の方は
   ご相談ください。

  ※応募者多数の場合、過年度の同事業の未採択者を優先することが
   あります。

2.募集人数・補助額
  募集人数: 若干名(内、復帰支援として1名)
  補 助 額 : 上限3万円
       (予算、応募状況によって全額支給できない場合があります)
  ※1件の申請につき、1回の校閲に限ります。

3.締め切り
  令和3年12月24日(金)必着

4.要項等
  令和3年度 英文校閲費用補助事業募集要項
  (別紙様式1)英文校閲費用補助申請書

【国際学会派遣費用補助事業】
1.申請資格
  (1)本学に在職する女性研究者
     (教員(特任含む。ただし教授を除く)及びポスドク研究員)
  (2)本学に在職する女性研究者
     (教員(特任含む。ただし教授を除く)、ポスドク研究員及び
     (独)日本学術振興会特別研究員PD及びRPD)のうち、産前・産後
     休暇、育児休業及び介護休業等により、過去3年以内にライフ
     イベントを理由として研究活動を3ヶ月以上中断した方
  ※令和3年4月1日から令和4年3月31日までの間に、県外(国外含む)で
   開催される国際学会等で本人が自ら研究成果発表を行うもの。
   原則、令和4年3月31日までに帰任するものに限ります。
  ※応募者多数の場合、過年度の同事業の未採択者を優先することがあります。

2.募集人数・補助額等
  募集人数:若干名(内、復帰支援として1名)
  補 助 額 : 上限3万円
       (予算、応募状況によって全額支給できない場合があります。)
  支援対象:学会参加費(オンライン参加費含む)、
       旅費(往復交通費、日当、宿泊費等)
  ※同一の場所で連続して開催される学会等を除き、1人1件の応募とします。
  ※本事業による旅費に不足額が生じた場合、他の研究費等と合わせて
   利用することが可能です。
  ※オンラインで開催される学会に参加される場合、旅費は補助対象外と
   します。

3.締め切り
   令和3年12月24日(金)必着

4.要項等
  令和3年度国際学会派遣費用補助事業募集要項
  (別紙様式1)国際学会派遣申請書
  (別紙様式3)旅行日程表1

沖縄市・沖縄市女性団体連絡協議会主催のきらめきフェスタ2021
「いまこそジェンダーのモヤモヤを話そう~決めるのはわたし、変えるのはわたしたち~」が開催されますのでお知らせいたします。

~~**~~*~~**~~*~~**~~*~~**~~*~~**~~*~~**~~*~~**~~*~~**

 女性の政治参画や管理職数の占める割合が増えると、私たちの生活が豊かになる
ことはわかっているのに、なぜ日本は女性リーダーの割合がいまだに伸び悩んでいるのでしょうか?
 なんだかモヤっとしているジェンダー問題について、Zoomによるオンライン
講演会で、わかりやすくひも解いていきます。

日  時:2021年10月30日(土)14:00~15:30

講  師:喜納 育江氏
     (琉球大学ジェンダー協働推進室長)
開催方法:オンライン(Zoom)
参 加 費 :無料
申込方法:電話またはメール
     ※下記【お申込・お問合せ】をご確認ください。








【お申込・問い合わせ先】
沖縄市男女共同参画センター
電 話 098-894-6175
メール a32sankaku@city.okinawa.lg.jp
※メールでお申込の際には、下記確認事項をご記入ください。
(確認事項)
 1.Zoom環境について(有・無)
 2.お名前 (フリガナ)
 3.電話番号
 4.メールアドレス
 5.お住まい(市内・市外)
 6.年代(10代・20代・30代・40代・50代)
         

 国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)、駐日ポーランド共和国大使館主催 第1回 「羽ばたく女性研究者賞(マリア・スクウォドフスカ=キュリー賞)」の
公募について、お知らせいたします。

国立研究開発法人科学技術振興機構
「羽ばたく女性研究者賞(マリア・スクウォドフスカ=キュリー賞」)



**************************************************************

 日本の女性研究者のより一層の活躍推進に貢献することを目的に、国際的に活躍が期待される若手女性研究者を表彰します。

表彰対象
 2022年4月1日時点で博士学位取得後5年
 程度までの女性研究者(ポスドクを含む)、
 大学院生(博士後期課程)、およびこれらに相当
 する者
 科学技術に関連する幅広い研究分野を対象
 国籍:日本国籍、 居所:不問
 ※ライフイベントなどによる研究活動休止期間を勘案する

表彰内容
 ○最優秀賞 1名
  賞金:50万円
  副賞:ポーランドへの渡航・研究機関等を
     訪問するための滞在費(滞在は2週間程度。渡航は2022年秋を想定)
 ○奨励賞 2名
  賞金:各25万円

募集期間
 2021年10月1日(金)~2021年12月13日(月) 日本時間正午まで


応募方法等、詳細はこちらからご確認ください。

琉球大学では、このたび「琉球大学女子学生学術研究等活動うない奨励賞」を創設いたしました。本学に在籍する女子学生を対象とした本賞の、記念すべき第1回の募集を始めます。女子学生の積極的な応募をお待ちしております。
詳細につきましては、以下ご確認ください。


令和3年度 琉球大学女子学生学術研究等活動うない奨励賞
募集要項



1.目的
 琉球大学(以下「本学」という。)では、本学に在籍する女子学生*に対し、その意欲的な研究活動や社会貢献等の活動を奨励し、継続的に研究に取り組む動機付けにしてもらうために、琉球大学女子学生学術研究等活動うない奨励賞を授与する。本賞を通じて将来の学術研究を担う優秀な若手女性研究者および未来社会を牽引する女性リーダーの育成に繋げ、男女共同参画及びダイバーシティーの推進等に資することを目的とする。
*本賞においては、応募者が自認する性を以て「女子学生」と定義する。

2.応募資格
・応募時点において、本学に在籍する女子学生であること。
・すでに発表された論文や著書等の業績または地域及び国際社会への貢献等、他の学生の模範となる顕著な実績のある者であること。

3.選考 
 応募者の研究その他の活動における主要業績や、研究や社会貢献等の活動の重要性、当該活動に対する今後の意欲・見通し等について、学内に設置する選考委員会において厳正かつ公正な審査を行い、受賞者を決定する。

4.表彰
(1)最優秀賞 1名 賞状と副賞を授与する。
(2)優秀賞  1名 賞状と副賞を授与する。
 ただし、最優秀賞及び優秀賞は、該当者なしとすることがある。

5.応募書類
 応募者は、以下の書類を提出する。
(1)応募用紙(様式1)
(2)指導教員等の推薦書(様式2)
(3)研究や社会貢献等の取組の顕著さを示す印刷物や成果物の一部 1部
   ※提出物の具体例については「様式1」の主要業績欄の記述を参照されたい。
(4)その他(活動、受賞履歴などの)参考資料

6.提出方法
 応募者は、応募書類を琉球大学ジェンダー協働推進室に提出する。
 (郵送又は学部事務を通して学内便で送付する。)

7.提出期間
 令和3年10月1日から11月30日

8.選考方法
 第一次審査(書面審査)と、プレゼンテーション等の方法で評価する第2次審査(面接審査)による総合的な評価に基づいて受賞者を決定し、選考結果を応募者に通知する。なお、第1次審査は令和3年12月、第2次審査は令和4年1月に実施する。

9.選考結果の通知と公開
 第1次審査の選考結果は、令和3年12月中にすべての応募者に通知する。第2次審査の選考結果は、令和4年1月中に第2次審査の対象者に通知する。選考結果は、ジェンダー協働推進室ウェブサイト及び表彰式を通じて公開する。

10.表彰式
 令和3年2月に表彰式を行い、受賞者に賞状及び副賞を授与する。表彰式において、受賞者は研究活動についての発表等を行う。

11.その他
(1)応募書類(応募用紙・推薦書)は、ジェンダー協働推進室ウェブサイトから
   ダウンロードすることができる。
(2)提出された申請書等は、原則一切返却しない。応募用紙等に記載されている 
   個人情報は、本賞の選考及び本賞に関わる連絡にのみ利用するものである。
(3)様式を変更することは原則としてできない。文字の大きさは、11ポイント以上
   とし、応募書類は、日本語または英語で作成するものとする。
(4)推薦書は、指定の様式(様式2)で作成する。研究活動における顕著な業績を
   有する応募者の推薦書は、応募時点での指導教員(年次指導教員、研究指導
   教員等)が作成するものとする。また、社会貢献等の顕著な活動において実績
   を有する応募者は、学内の指導教員のほか、応募者の活動上の指導者(アドバ
   イザー)等、活動の内容や意義などをよく理解する学外の指導者に作成を依頼
   することができる。指導教員や指導者が複数いる場合は、そのうち1 名が推薦
   書を作成するものとする。また、推薦書は角2 封筒に厳封し、封筒表面に
   「〇〇氏うない奨励賞推薦書在中」など、応募者名(〇〇)がわかるように
   記す。
(5)選考基準・結果の内容等については、情報公開等は行わない。
(6)受賞者の氏名、略歴及び研究業績等は公表されるので、応募に際し、応募者
   及び推薦者は予め承知しておくこと。

12.応募書類の提出先・本賞に関する問い合わせ先
(提出先)
 琉球大学ジェンダー協働推進室 
 電話:098-895-8675 
 メール:gender@acs.u-ryukyu.ac.jp

(本賞に関する問い合わせ先)
 総務部職員課 
 電話:098-895-8022(8027)
 メール:jnsyoku@acs.u-ryukyu.ac.jp
     jndairi@acs.u-ryukyu.ac.jp



【応募書類】
様式1_応募用紙

様式2_推薦書
うない奨励賞募集要項

 日本学術会議第二部生命科学ジェンダー・ダイバーシティ分科会、日本学術会議科学者委員会男女共同参画分科会主催の連続公開シンポジウム「生命科学分野におけるジェンダー・ダイバーシティ」第1回「大学における女性リーダーから見た課題と展望」が開催されますのでお知らせいたします。
 参加お申し込み等詳細につきましては、こちらをご確認ください。


日 時:令和3年10月28日(木)13:00-16:30
方 法:Zoom(ウェビナー)
対 象:どなたでも
    ※事前に参加登録が必要になります。
参加費:無料
事前参加申込期限:10月26日(火)

 資生堂 女性研究者サイエンスグラントの公募について、お知らせいたします。

———————————————————————————————————————
 「資生堂 女性研究者サイエンスグラント Shiseido Female Researcher Science Grant」は将来指導的立場の研究者を目指す貴女を支援する研究助成です。自然科学分野の幅広い研究テーマ(理工科学系・生命科学系全般)を対象に、2007年度の設立以来、毎年10名の女性研究者へ研究助成を行ってきました。新規性・独創性があり、ご自身の研究分野を切り拓く意欲のある研究計画を歓迎します。


詳細については、下記「資生堂女性研究者サイエンスグラント」をご確認ください。
資生堂女性研究者サイエンスグラント

本学では、令和3年8月7日(土)よりFMぎのわん(79.7MHz) で毎週土曜日(13:00-13:56)、ラジオ「琉大やいび〜ん!」の放送を開始しています。
「琉大やいび〜ん!」ではゲストをお招きし、琉球大学の魅力をみなさまにお伝えしています。
【琉球大学公式HP】「琉大やいび~ん!」


 ★過去の放送★

FMぎのわん(琉大やいび~ん)-YouTube アーカイブ
【第1回 8/7】「琉大やいび~ん」@2021/08/07
 ゲスト 西田 睦 学長
     玉城 絵美先生(工学部 教授)


【第2回 8/14】「琉大やいび~ん」@2021/08/14
 ゲスト 斉藤 美加先生(大学院医学研究科 助教)

【第3回 8/21】「琉大やいび~ん」ゲスト:琉球大学工学部学部長
        ファイヤー和田先生🔥@2021/08/21

 ゲスト 和田 知久先生(工学部 学部長)

【第4回 8/28】【琉大やいび〜ん】@2021/08/28
 ゲスト 山田 広幸先生(理学部 准教授)

【第5回 9/4】【琉大やいび〜ん!】ゲスト:国際地域創造学部
        喜納育江先生@2021/09/04

 ゲスト 喜納 育江先生(国際地域創造学部 教授、ジェンダー協働推進室 室長)

★FMぎのわん★
FMぎのわんTwitCasting

一般社団法人日本女性科学者の会より奨励賞募集のお知らせです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 日本女性科学者の会は、1958年に設立され、科学技術の分野において、女性と男性が共に個性と能力を発揮できる環境づくり・ネットワークづくりと社会貢献を目指して活動しています。2014年4月から一般社団法人となり、より社会に貢献できる体制づくりにも取り組んでおります。

【対象者】
広く理系の分野において研究業績をあげ、その将来性を期待できる方で、かつ本会の趣旨に賛同し、その達成のために努力していると認められる本会正会員および学生会員を対象とします。特に年齢、国籍、性別は問いませんが、管理職(教授、部長等)にある方はご遠慮下さい。自薦・他薦は問いません。
※応募と同時に入会申し込みも受け付けます。詳細はSJWS事務関係「入会案内
の項目をご覧下さい。

【応募期間】
2021年11月1日(月)~11月20日(土)必着

【決定時期】
2022年3月末頃(メールにて本人宛通知)

【奨励賞】
表彰楯および副賞20万円(年1-3件)
本会総会(例年5月)において贈呈

※募集要項等詳細については、こちらをご確認ください。

令和3年度「オーガナイザー養成支援」利用者を募集します。

令和3年度第2期琉球大学研究活動等支援員制度 利用者の募集について


この度、本学に在職する研究者のライフイベント及びワーク・ライフ・バランスに配慮した研究環境の整備や女性研究者の研究力向上及び、大学の管理運営や地域社会活動に積極的に貢献する人材を育成することを目的に、「研究活動等支援員制度」を実施し、利用者を募集いたします。
※本制度は、研究活動等支援員を配置するために必要な費用を負担する制度です。

【申請対象者】
本制度による申請対象となる研究者は、本学に在職する専任教員、特命教員、特任教員、特命研究員及び(独)日本学術振興会特別研究員(PD及びRPD)(※1)のうち次の①~④のいずれかに該当する者とします。ただし、本人又は配偶者(※2)が産前産後休暇中、育児休業又は介護休業中の場合は、申請の対象とはなりません。
※1 (独)日本学術振興会特別研究員に
  ついては、応募に際して、受入研究者の
  許可を得る必要がある。
※2 届出をしていないが、事実上婚姻関係と
  同様の事情がある者を含む。

①女性研究者で、次のアからエのいずれかに該当し、研究時間を十分に確保する
 ことが困難な者
 ア 妊娠中の者
 イ 小学校6年生までの子どもを養育している者
 ウ 要支援又は要介護の認定を受けている二親等以内の家族の介護に日常的に
   携わっている者
 エ その他、上記に準ずる理由がある者(例:難病、障がい者等の家族の
   介護がある等)
②女性研究者で、諸事情(例:ライフイベントや学内委員会委員等、社会貢献・
 地域貢献等)により研究時間を十分に確保することが困難な者
③配偶者が常勤の研究者である男性研究者のうち、配偶者が妊娠中である者、
 もしくは上記①のイからエのいずれかに該当し、研究時間を十分に確保する
 ことが困難である者
④独身または単身の男性研究者で、上記①のイからエのいずれかに該当し、
 研究時間を十分に確保することが困難である者

【募集人数】
若干名

【支援期間・時間】
令和3年11月1日~令和4年3月31日
申請者1人につき原則月30時間とし、採択者別に配分します。


【研究活動等支援員】
学部生、大学院生
常勤的な職に就いている者(非常勤講師含む)は除きます。
※支援員の候補者は、申請者自身で選定してください。
※支援員の配置は令和3年11月1日を予定しておりますが、手続きの都合上、
 開始時期がずれる場合があります。
 支援員候補者が条件等に具備しない場合には採用ができないことや、
 書類に不備がある場合などは採用手続きにさらに時間を要し、開始時期が
 遅れることがありますので、ご注意ください。


【応募締切】
令和3年8月31日(火) 必着

詳細については、下記募集要項をご確認ください。

【募集要項】研究活動等支援員制度
【別紙1】研究活動等支援員制度利用申請書
【別紙1】研究活動等支援員制度利用申請書・記入例
【別紙4】研究業績調書

また、本制度の募集開始に合わせて、「うない・ゆんたくセミナー」を実施いたします。詳細、申込につきましてはこちらをご覧ください。

琉球大学は女性研究者を支援しています!琉球大学は女性研究者を支援しています! ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(先端型) うない基金
琉球大学公式サイトへ
琉球大学 ハラスメント相談窓口
うない研究者支援センター公式サイトへ Q-wea's net 九州・沖縄アイランド女性研究者支援ネットワーク