第10回「資生堂 女性研究者サイエンスグラント」 募集について

「資生堂 女性研究者サイエンスグラント Shiseido Female Researcher Science Grant」は指導的研究者を目指す貴女を支援する研究助成です。自然科学分野の幅広い研究テーマ(理工科学系・生命科学系全般)を対象に、2007年度の設立以来、毎年10名の女性研究者へ研究助成を行ってきました。新規性・独創性があり、ご自身の研究分野を切り拓く意欲のある研究計画を歓迎します。

募集要項は下記の通りです。

  1. 趣旨
    優秀な女性研究者の研究活動を支援することにより、指導的女性研究者の育成に貢献します。
  2. 対象分野
    自然科学分野(理工科学分野、生命科学分野いずれもご応募いただけます)
    なお、界面・コロイド化学の応募を積極的に歓迎します。
  3. 助成金額・件数
    100万円/1件、最大10件まで (年間総額1,000万円)
  4. 助成期間
    1年間 (第10回: 2017年6月~2018年5月)
  5. 助成金の使途
    研究費用(試薬代、機器代など)のほか、研究補助員の雇用費用にも充当可
  6. 応募資格
    助成対象期間中に日本国内の大学・公的研究機関で、自然科学の研究に従事する女性研究者。
    ※年齢、国籍は問わない。
    ※推薦者不要。自由応募による完全公募制。
    ※応募時、すでに指導的役割を担われている研究者(教授等)、大学院生・学生、企業に所属する研究者は 除く
  7. 応募方法
    第10回募集要項(PDF)・申請用紙(エクセル)をダウンロードしてください。
    「第10回 募集要項」を熟読のうえ、申請書一式に必要事項を記入し、必要資料(申請研究に関連する論文など)とともに、下記のグラント事務局 応募受付へご郵送ください。
  8. 締切日
    2016年11月15日(火) 必着
  9. 審査方法
    社内外の審査員で運営する本グラント審査委員会にて厳正に審査します。
  10. 審査結果発表
    2017年3月以降、各申請(応募)者に直接通知します。受賞された方については、2017年6月以降、お名前と申請研究タイトル名を本ホームページに掲載し、プレス発表致します。

【参考資料】
第10回「資生堂 女性研究者サイエンスグラント」 募集要項
第10回「資生堂 女性研究者サイエンスグラント」申請用紙

【参考URL】
http://www.shiseidogroup.jp/rd/doctor/grants/science/

琉球大学オープンキャンパス「理系女子のための自然科学分野紹介」

平成28年7月16日(土)に行われる平成28年度琉球大学オープンキャンパス「女性研究者による事理系女子のための自然科学分野紹介」を下記の通り開催します。
事前のお申し込みは不要です。皆様お誘いあわせの上、ぜひお越しください。

日時:平成28年7月16日(土) 12:30~13:30
会場:理系複合棟1階 102教室
講演:「光化学研究の醍醐味と自然科学を仕事とする充実」
講師:理学部 漢那洋子准教授
対象:自然科学系分野(理学・医学・高額・農学分野)に興味のある高校生
※保護者の方もご一緒に参加できます。
※事前申し込み不要

H28オープンキャンパス(ポスター)

住友生命「未来を強くする子育てプロジェクト:スミセイ女性研究者奨励賞」募集について

子育てと研究活動の両立に努力されている女性研究者を支援することを目的に行われるものです。

【趣旨】
育児のため研究の継続が困難となっている女性研究者および、育児を行いながら研究を続けている女性研究者が、研究環境や生活環境を維持・継続するための助成金を支給します。人文・社会科学分野における萌芽的な研究の発展に期待する助成です。

【対象】
現在、育児のため研究の継続が困難な女性研究者および、子育てをしながら研究を続けている女性研究者を対象とし、次の要件を満たす方の中から決定します。

【要件】
①人文・社会科学分野の領域で、有意義な研究テーマを持っていること。
②原則として、応募時点で未就学児(小学校就学前の幼児)の育児を行っていること。
③原則として、修士課程資格取得者または、博士課程在籍・資格取得者であること。
④2名以上の推薦者がいること(うち1名は、従事した、または従事する大学・研究所等の指導教官または所属長であることが必須)。
⑤現在、大学・研究所等に在籍しているか、その意向があること。
⑥支援を受ける年度に、他の顕彰制度、助成制度で個人を対象とした研究助成を受けていないこと(科研費・育児休業給付などは受給していても応募いただけます)。
※この事業では、過去の実績ではなく、子育てをしながら研究者として成長していく方を支援したいと考えています。そのため、研究内容のみで判断することはありません。
※国籍は問いませんが、応募資料等への記載は日本語に限ります。

【人数】
10名程度

【助成内容】
助成金として1年間に100万円(上限)を2年間まで支給します。
助成期間は2017年4月から2019年3月までの2年間の予定です。

【募集期間】
2016年7月7日(木)~9月5日(月)必着

【応募方法】
応募用紙をWebサイト(http://www.sumitomolife.co.jp/about/csr/community/mirai_child/women/bosyu.html)からダウンロードの上、必要資料と一緒にお送りください。
必要資料:最近の論文など1、2点

【その他】
詳細は、HPでご確認ください。
http://www.sumitomolife.co.jp/about/csr/community/mirai_child/women/bosyu.html

【締切りました】平成28年度女性教員短期研究専念制度 利用者募集

平成28年度女性教員短期研究専念制度の利用者募集について

本学では、今年度新たに女性教員を対象とした短期(1月~半年以内)研究専念制度(試行)を実施いたします。
本制度は、従来のサバティカル制度とは異なり、本学の教育・研究の発展に貢献できる人材を育成することを目的に、女性教員を対象に実施するものです。
また、今年度は試行的な実施とし、この結果を踏まえて来年度以降の本格実施を検討する予定です。
詳細は、下記実施要項をご確認ください。

締  切:平成28年8月1日(月)正午
提出先:人事課職員係宛にご提出願います

女性教員短期研究専念制度試行実施要項
女性教員短期研究専念制度利用申請書

「ナイスステップな研究者」に理学部の栗原晴子助教が選ばれました!

科学技術・学術政策研究所が毎年選定する、科学技術への顕著な貢献をされた研究者【NISTEP(ナイスステップ)な研究者2015】に、本学理学部海洋自然科学科の栗原晴子助教が選定されました。

琉球大学公式ホームページ
http://www.u-ryukyu.ac.jp/top_news/NiceStep2015121501/

科学技術・学術政策研究所 NISTEPについて
http://www.nistep.go.jp/about

 

厚生労働省 「子育てサポート企業」に認定され「くるみんマーク」を取得

0002

本学は、平成27年11月9日付けで、沖縄労働局長から次世代育成支援対策推進法に基づく「基準適合一般事業主(子育てサポート企業)」と認定され、「くるみんマーク(次世代認定マーク)」を取得しました!
本学では今後も職場環境や教育・研究環境の整備・充実に取り組んで参ります。

琉球大学公式ホームページ
http://www.u-ryukyu.ac.jp/top_news/kurumin2015120201

 

第11回スキルアップセミナー「採択される英語論文の書き方 集中講座」開催しました。

うない研究者支援センターでは、平成27年3月16日(月)に、文部科学省科学技術人材育成費補助事業「女性研究者研究活動支援事業」におけるスキルアップ支援の一環として、Dr Jeffrey Robens氏、Ayli Chong氏(エダンズ グループ ジャパン)を講師に迎え、第11回スキルアップセミナー「採択される英語論文の書き方 集中講座」を開催しました。

本セミナーは、英語論文の採択率を高めることを目的とし、イントロダクションからディスカッションまでの内容についてグループアクティビィティも取り入れた講座を実施しました。当日は、20名の教員や大学院学生らが参加しました。
参加者からは、「文章の作り方や論文の構成など、今書いている英語論文に取り入れたい」、「グループでのアクティビティが充実していて理解しやすかった」、「投稿するジャーナルの探し方など、具体的で今まで知らなかった情報を得られた」などの声がありました。
第11回スキルアップセミナー1第11回スキルアップセミナー2

(終了しました)第5回「男女共同参画トップセミナー」開催いたします。

  このたび、文部科学省科学技術人材育成費補助事業「女性研究者研究活動支援事業」の一環として、大学運営に関わる管理職員を対象に、女性研究者の育成に係る支援策の充実及び女性研究者の採用数の増加に向けた取組を積極的に推進することを目的として、「第5回男女共同参画トップセミナー」を開催することとなりました。

トップセミナー第5回チラシ第5回トップセミナー
「女性研究者の積極的採用と人事ポイント制度の効果と課題
    ~九大方式 女性教員採用・養成システムの事例から~」

日時:平成27年3月10日(火曜日)13:15~14:15
場所:大学本部棟4階 第一会議室
講師:上瀧 恵里子氏(九州大学 応用力学研究所プラズマ力学研究センター/研究戦略企画室 准教授)
対象:大学運営に関わる管理職員や部局長等

【申込み終了】第11回スキルアップセミナー「採択される英語論文の書き方 集中講座」

第11回スキルアップセミナー「採択される英語論文の書き方 集中講座」
うない研究者支援センターは、文部科学省科学技術人材育成費補助事業「女性研究者研究活動支援事業」におけるスキルアップ支援の一環として、英語運用能力の向上を目的としたスキルアップセミナーを開催いたします。

―定員に達しましたので、募集は締め切りました。ー

日時 平成27年3月16日(月)10:00~17:00
場所 琉球大学研究者交流施設・50周年記念館 多目的室1階
講師 Dr.Jeffrey Robens(エダンズ グループ ジャパン株式会社)
対象 本学に所属する大学教員、研究員、大学院学生
※学部学生は要相談(当センターまで、お問い合わせください)
定員 20名         参加費 無料

第11回スキルアップセミナ-

 

 

 

 

 

【申込み終了】サイエンスプロジェクト for 琉球ガールズ ~本島編~

サイエンスプロジェクト for 琉球ガールズ ~本島編~

―定員に達しましたので、募集は締め切りました。―

沖縄県内の女子高校生を対象に、OISTと琉大の女性研究者・学生が講師となって、最先端の科学を楽しく学べる講義や実験を実施します。
また、リケジョの先輩達が様々な理系分野の中からどのように専攻を決めたのか、研究の楽しさ、研究室の様子や学生生活、大学卒業後の進路などについてお話しします。
琉球大学熱帯生物圏研究センター瀬底研究施設では、波利井佐紀准教授がサンゴ礁にすむ生物の生態について講義を行います。

sesokokennkyuushisetu
開催日:2015年3月25日(水)9:00~17:30
会 場:琉球大学熱帯生物圏研究センター瀬底研究施設および 沖縄科学技術大学院大学(OIST)
対 象:県内高校に通う女子高校生 30名程度
締 切:2015年3月20日(金)※申込み先着順。定員になり次第締め切らせて頂きます。
参加費:無料

申込みは、こちらから(OIST人材多様化セクションWEBサイト)