【募集】木暮セミナー「令和4年度科研費申請書を通すために 科研費申請書の書き方」

 本学に所属する教員、研究者、大学院生を対象に、研究推進課、研究企画室、ジェンダー協働推進室の共催でオンラインセミナー(Zoom)を開催いたします。
 昨年度に引き続き今年度も企画研究担当理事である木暮理事より、申請するからには採択される申請書に仕上げる書き方のポイントについて、ご紹介します。

——————————————————————————————
木暮セミナー「令和4年度科研費申請書を通すために 科研費申請書の書き方」


日 時 令和3年8月6日(金)13:30-15:00
形 式 オンライン(Zoom)     
対 象 本学に所属する教員、研究者、大学院生
    (女性・若手の参加を歓迎します)
定 員 30名(先着順)     
講 師 木暮 一啓 理事・副学長(企画・研究担当)    
申 込 研究推進課HPよりお申込みください。 
    令和3年8月2日(月)締切
     ※事前申込制


【主催】
研究推進課
研究企画室
ジェンダー協働推進室

【お問い合わせ】
研究推進課
 TEL:895-8183(内線2807)
 Mail:knkaken@acs.u-ryukyu.ac.jp
研究企画室
 TEL:895-8479
 Mail:ura@acs.u-ryukyu.ac.jp
ジェンダー協働推進室
 TEL:895-8675(内線2675)
 Mail:gender@acs.u-ryukyu.ac.jp

本学のクラウス・フランケ特任講師が企画されたコンサート
「音楽と社会を繋ぐレクチ...

 本学グローバル教育支援機構のクラウス・フランケ特任講師が企画し、2019年
11月に宜野座村文化センターがらまんホールで開催された「音楽と社会を繋ぐ
レクチャーコンサート『きっかけ』~マイノリティーを乗り越えて~」の第1部
「女性作曲家と社会」が、YouTubeでご覧いただけます。
 コンサートのテーマ「きっかけ」には、音楽と社会がどう繋がっているかを知る
ことで、私たちが現代社会を見つめ直す「きっかけ」になってほしいという思いが
込められています。
 第1部「女性作曲家と社会」は、19世紀と現在で女性の地位や権利がどう変わったのか、女性作曲家の音楽を通して学ぶレクチャーコンサートです。
 琉球大学の学生が司会とパネルディスカッション「女性と社会について」を担当しました。あわせてご覧いただけます。



【YouTube】
きっかけコンサート2019【第1部:女性作曲家と社会】~音楽と社会を繋ぐ演奏会~
きっかけコンサート2019【第2部:モーリス・ラヴェル~そのバスク魂~】~音楽と社会を繋ぐ演奏会~
きっかけコンサート2019【第3部:第1次世界大戦とルイ・ヴィエルヌの芸術】~音楽と社会を繋ぐ演奏会~



【参考】琉球大学学術リポジトリ
「女性作曲家と社会」についての研究発表と報告
(グローバル教育支援機構国際教育支援部門 特任講師 クラウス・フランケ)
http://ir.lib.u-ryukyu.ac.jp/bitstream/20.500.12000/47909/1/No65p157.pdf



【再募集】「国際学会派遣 +1 Visit」利用者を募集します。

 本学は、令和元年度に文部科学省科学技術人材育成費補助事業「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(先端型)」の採択を受け、上位職登用に向けた女性研究者の育成と支援をおこなっています。
 本事業では、特に女性研究者の研究力と管理運営能力の向上を推進することを目的として、係る費用の全額又は一部を補助します。

【申請資格】
 本学に在職する女性の教員で、教授・准教授・講師の職にあるもの(特任教員及び特命教員は除く)

【補助対象】
 下記の要件を満たす出張を対象とします。
  (1) 令和4年3月31日までの間に、国外で開催される国際学会等で本人が自ら研究成果発表をおこなうもの(オンラインを含む)。
    原則、令和4年3月31日までに帰任するものに限る。
  (2) 国際共同研究を推進するためのミーティングや新たな研究ネットワークの構築に関連する訪問、または教育研究機関等における管理運営に
    関する先進的取組の調査を目的とした訪問を、「+1 Visit」として学会参加のための渡航に合わせて旅程に加えることとする。
  ※新型コロナ感染症への対応として、今年度に限り特例としてオンラインで行われる国際学会への参加も対象とします。
   この場合、学会参加及び「+1 Visit」ともに令和4年3月31日までに完了している場合に限ります。「+1 Visit」については現地訪問、
   オンラインによる訪問、どちらでも構いませんが、出張については新型コロナ感染症の感染状況等を踏まえ慎重に判断ください。
   (訪問国入国時、帰国時における隔離措置期間の滞在費、PCR等各種検査、ワクチンパスポート発行等に係る費用は支援対象外となります。)
  ※オンラインで「+1 Visit」を行う際には、訪問先とのメールのやり取りやオンラインのスクリーンショット等、実施したことを証明する記録と
   あわせて報告いただきます。
  ※教員が個人でおこなう調査・研究を目的とする訪問は、「+1 Visit」に該当しませんので御留意ください。

【募集人数・補助額等】
 募集人数:3名程度
 補 助 額:予算の範囲内において、70万円を上限に措置します。
      応募状況等によって希望する補助額全額を支給できない場合があります。
 支援対象:旅費(往復交通費、日当、宿泊費等)及び学会参加費、学会参加費、「+1 Visit」訪問先への謝礼、
      「+1 Visit」通訳*に係る費用 *原則として英語以外の言語とします。
 ※同一の場所で連続して開催される学会等を除き、1人1件の応募とします。
 ※旅費、謝金(通訳を含む)に係る費用は、本学の各規定に基づき支給されます。
 ※本事業による旅費等に不足額が生じた場合、他の研究費等と合わせて利用することが可能です。
 ※支払い時の振込手数料や請求書発行手数料等は、補助対象外とします。
 ※GoToトラベル事業等、本策以外の補助を受ける場合の旅費は、補助対象外とします。

【申請方法】
  ① 申請書(別紙様式1・要所属長の許可)
   ※「研究発表の概要」については、日本語による記載をお願いします。
  ② 学会のパンフレット(写)等
   (学会名称、開催期間、申請者が参加・発表することがわかる部分)
  ③ 学会参加費の明細書(金額の内訳がわかるもの)
  ④ 「+1 Visit」訪問先からの受入やアポイントメント等が確認できる書類(メール等)
  ⑤ 旅行日程表(別紙様式3)※様式は任意です。
  ⑥ フライトスケジュールが記載された航空券の見積書(写)又は旅費の目安がわかるもの(金額の内訳があるもの)。
   すでに支払いが完了している場合は、請求書等の写し。
  ⑦ その他、必要に応じて書類の提出をお願いする場合があります。
   ※ オンラインによる学会開催、「+1 Visit」訪問の場合、⑤⑥の提出は不要です。

【申請締切】
 令和3年9月30日(木)必着

 ※詳細は、下記募集要項をご確認ください。

【募集要項等】
【募集要項】
(別紙様式1)申請書
(別紙様式3)旅行日程表

(お知らせ)「未来を強くする子育てプロジェクト」募集開始のご案内

住友生命主催の公募について、お知らせいたします。

 ★第15回「未来を強くする子育てプロジェクト」の募集について★

●対 象
【子育て支援活動の表彰】
 地域において子育て環境づくりに取り組む団体や個人を表彰します。

【女性研究者への支援】 
 子育てと人文・社会科学分野の研究活動の両立に努力されている
 女性研究者を支援します。


●募集期間
2021年7月12日(月)~2021年9月10日(金)必着

応募方法、その他詳細につきましては、こちらよりご確認ください。



(お問い合わせ)
「未来を強くする子育てプロジェクト」事務局
〒102-0072東京都千代田区飯田橋2-14-7 光ビル
TEL:03-3265-2283(平日10:00~17:00)

主催:住友生命保険相互会社
後援:文部科学省、厚生労働省

【開催案内】日本学術会議 公開シンポジウム
「ジェンダード・イノベーション(Ge...

 公開シンポジウム「ジェンダード・イノベーション(Gendered Innovations)
~一人ひとりが主役の研究開発が新しい未来を拓く~」の開催についてお知らせいたします。
 シンポジウムの基調講演として、Dr. Londa Schiebinger* (スタンフォード大学ジョン・L・ハインツ科学史教授)のライブ講演が予定されています。
*【参考】「Nature」掲載記事(https://www.nature.com/articles/d41586-020-03336-8)

 日  程:2021年8月18日 13:30~17:45
 開催方法:オンライン開催
 対  象:どなたでも
 参 加 費 :無料
 申込締切:2021年8月15日(日)24時まで
 主  催:日本学術会議第三部、日本学術会議
      中国・四国地区会議、日本学術会議
      科学者委員会男女共同参画分科会、
      国立大学法人広島大学

▽詳細については、下記URLをご確認ください。
 http://www.scj.go.jp/ja/event/2021/312-s-0818.html

 

【終了しました】7/30組織を変える「てこ」としての女性活躍とパートナーシップ

文部科学省科学技術人材育成費補助事業「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(先端型)」の一環として、
下記のとおりオンライン講演会を開催いたします。

Allyships for Women‘s Leadership:Leveraging Feminism for Institutional Change
組織を変える「てこ」としての女性活躍とパートナーシップ

日 時:令和3年7月30日(金)10:00~12:00
形 式:オンライン(Zoom ミーティング)
対象者:本学に所属する女性教員・女性研究者
    ※男性教員・男性研究者、職員もご参加いただけます。
講 師:David Jones 博士
    (ウィスコンシン大学オークレア校 教授)
    Catherine Emmanuelle 氏
    (ウィスコンシン州オークレア市評議員(副代表))
内 容:職場や家庭で女性の活躍を促し、男女ともにキャリアアップをするためには
    ジェンダー理解のもとにパートナーシップを築くことが重要です。
    男女はどう協力すれば良いのか。アメリカという人種的にも性的にも多様性豊かな社会におけるパートナーシップのあり方を、
    ウィスコンシン大学オークレア校教授のデイヴィッド・ジョーンズ先生とその妻で、ウィスコンシン州オークレア市評議員(副代表)として
    活躍しているキャサリン・エマヌエル氏の実践から学びます。
使用言語:英語
申込締切:令和年7月29日(木)正午まで※受付終了しました
    下記の申し込みフォームよりお申込みください。
    ※当日参加も可能ですが、事前申込にご協力ください。
    ※事前申込いただかずに参加される場合は、全学通知(メール)の際に添付していますチラシのURLからご参加ください。

【お問い合わせ先】
琉球大学ジェンダー協働推進室
メール:gender▲acs.u-ryukyu.ac.jp(▲を@へ変更)
連絡先:098-895-8675 (内線:8675)

【祝!】斉藤 美加 助教(医学研究科)が「ゼロマラリア賞」を受賞されました。

斉藤 美加 助教(琉球大学大学院医学研究科ウイルス学講座)が「ゼロマラリア賞」を受賞しましたことお知らせいたします。

 「ゼロマラリア賞」は、NPO法人 マラリア・ノーモア・ジャパンがマラリア制圧のために取り組む個人、団体を対象に毎年世界マラリアの日に贈られる賞です。
 斉藤美加助教は、「沖縄のマラリア等蚊媒介性感染症対策の伝承およびシチズンサイエンス実践研究」での受賞となりました。

詳細については下記のリンクをご覧ください。

琉球大学公式HP
琉球大学医学部HP

(募集終了しました)令和3年度「女性研究者介護帰省費用補助事業」利用者を募集します。

女性研究者の仕事と生活の両立支援の一環として、本学の女性研究者が介護を目的とした帰省に際して、航空券を購入する場合の費用の一部を補助する標記制度を実施いたします。

【申請対象者】 
(1)本学女性研究者(社会保険加入の非常勤
   職員、日本学術振興会特別研究員(PD
   またはRPD)を含む)で、要介護状態に
   ある家族を介護するため帰省する必要が
   ある者。 
(2)上記のうち、配偶者(届け出をしないが、
   事実上、婚姻関係と同様の事情があるもの
   を含む。)を有する場合は、原則として
   当該配偶者が有職者である者に限る。
(3)上記(1)、(2)のうち、各航空会社が
   提供するいずれかの介護帰省割引制度
  (以下、「介護帰省割引制度」という。)に
   登録し、これが適用される者。

【実施期間】
 令和3年4月1日(木)~令和4年3月31日(水)

【採択人数】 
 若干名
 
【申請締切】
 令和3年5月6日(木)必着
 
【利用の申請】
女性研究者介護帰省費用補助事業利用申請書(別紙様式1)に、次の書類を添えて、募集期間中にジェンダー協働推進室へご提出ください。
(1)要介護状態にある家族の介護保険証(写し)または
   介護認定結果通知書(写し)。但し、認定有効期間内のものに限る。
(2)介護帰省割引制度の利用者であることを確認できる書類
   (介護割引パス、登録情報画面の写し等)。但し、有効期限内のものに限る。
(3)その他、必要に応じて別途、世帯状況及び航空券利用状況等を確認できる
   書類の提出を求めることがあります。
 ※提出書類等の詳細については、募集要項をご確認ください。
 
【募集要項】令和3年度 女性研究者介護帰省費用補助事業
【別紙様式1】利用申請書
 

<提出・お問い合わせ先>
琉球大学ジェンダー協働推進室(担当:深谷・比嘉)
Tel:098-895-8675(内線:8675・2675)
E-mail:gender@acs.u-ryukyu.ac.jp

【募集終了しました】令和3年度「国際学会派遣 +1 visit」利用者を募集します。

 本学は、令和元年度に文部科学省科学技術人材育成費補助事業「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(先端型)」の採択を受け、上位職登用に向けた女性研究者の育成と支援をおこなっています。
 本事業では、特に女性研究者の研究力と管理運営能力の向上を推進することを目的として、係る費用の全額又は一部を補助します。

【申請資格】
 本学に在職する女性の教員で、教授・准教授・講師の職にあるもの(特任教員及び特命教員は除く)

【補助対象】
 下記の要件を満たす出張を対象とします。
  (1) 令和4年3月31日までの間に、国外で開催される国際学会等で本人が自ら研究成果発表をおこなうもの。
    原則、令和4年3月31日までに帰任するものに限る。
  (2) 国際共同研究を推進するためのミーティングや新たな研究ネットワークの構築に関連する訪問、または教育研究機関等における管理運営に
    関する先進的取組の調査を目的とした訪問を、「+1 Visit」として学会参加のための渡航に合わせて旅程に加えることとする。
 ※新型コロナ感染症への対応として、今年度に限り特例としてオンラインで行われる国際学会への参加も対象とします。
  この場合、学会参加及び「+1 Visit」ともに令和4年3月31日までに完了している場合に限ります。「+1 Visit」については現地訪問、
  オンラインによる訪問、どちらでも構いませんが、出張については新型コロナ感染症の感染状況等を踏まえ慎重に判断ください。
  (なお、訪問国入国時、帰国時における隔離措置期間の滞在費、PCR等各種検査に係る費用は支援対象外となりますので、予めご了承ください。
  オンラインで「+1 Visit」を行う際には、訪問先とのメールのやり取りやオンラインのスクリーンショット等、実施したことを証明する記録と
  あわせて報告いただきます。
 ※教員が個人でおこなう調査・研究を目的とする訪問は、「+1 Visit」に該当しませんので御留意ください。

【募集人数・補助額等】
 募集人数:若干名
 補 助 額:予算の範囲内において、70万円を上限に措置します。
      応募状況等によって希望する補助額全額を支給できない場合があります。
 支援対象:旅費(往復交通費、日当、宿泊費等)及び学会参加費、学会参加費、「+1 Visit」訪問先への謝礼、
      「+1 Visit」通訳*に係る費用 *原則として英語以外の言語とします。
 ※同一の場所で連続して開催される学会等を除き、1人1件の応募とします。
 ※旅費、謝金(通訳を含む)に係る費用は、本学の各規定に基づき支給されます。
 ※本事業による旅費等に不足額が生じた場合、他の研究費等と合わせて利用することが可能です。
 ※支払い時の振込手数料や請求書発行手数料等は、補助対象外とします。
 ※GoToトラベル事業を利用しての旅費は、補助対象外とします。

【申請方法】
  ① 申請書(別紙様式1・要所属長の許可)
   ※「研究発表の概要」については、日本語による記載をお願いします。
  ② 学会のパンフレット(写)等
   (学会名称、開催期間、申請者が参加・発表することがわかる部分)
  ③ 学会参加費の明細書(金額の内訳がわかるもの)
  ④ 「+1 Visit」訪問先からの受入やアポイントメント等が確認できる書類(メール等)
  ⑤ 旅行日程表(別紙様式3)※様式は任意です。
  ⑥ フライトスケジュールが記載された航空券の見積書(写)又は旅費の目安がわかるもの(金額の内訳があるもの)。
   すでに支払いが完了している場合は、請求書等の写し。
  ⑦ その他、必要に応じて書類の提出をお願いする場合があります。
    ※オンラインによる学会開催、「+1 Visit」訪問の場合、⑤⑥の提出は不要です。

【申請締切】
令和3年6月30日(水)必着

※詳細は、下記募集要項をご確認ください。

【募集要項等】
【募集要項】
(別紙様式1)申請書
(別紙様式3)旅行日程表

令和3年度「オーガナイザー養成支援」利用者を募集します。

 本学は令和元年度に文部科学省科学技術人材育成費補助事業「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(先端型)」の採択を受け、上位職登用に向けた女性研究者の育成と支援を行っています。
 本事業では、将来、学内だけでなく学会や外部委員会等の企画や運営等においてもリーダーシップを発揮できる人材の育成を目的とし、特に女性教員自らがオーガナイザーとして企画・運営に携わる研究発表会やセミナー・シンポジウム(以下「プログラム」という。)の実施に係る費用の全額又は
一部補助を含む事業の開催を支援します。

  1. 申請資格
    本学に在職する女性教員(特任教員及び特命教員は除く)

  2. 補助対象となるプログラム
     女性教員自らが主催者として企画し運営する研究発表会、セミナー、シンポジウム等。学外から講師またはゲストを招へいし、
    当該年度末までに実施することを条件とする。なお、本事業において新たに企画されたプログラムであることとし、本学が実施する他の事業や
    学会等の一部または一環として行われるものは対象に含めません。
     プログラムの内容や招へい者との連絡・調整を始め、開催に係る広報や会場設営等の事前準備、当日の進行等の運営については、女性教員
    自らがリーダーシップを発揮して進めていただき、必要に応じてジェンダー協働推進室がサポートします。

  3. 募集人数・補助額等
    募集人数:4名程度
    補 助 額 :予算の範囲内において、100万円を上限に補助します。
         (応募状況等によって、希望する補助額全額を支給できない場合があります。)  

    ※本事業は「文部科学省科学技術人材育成費補助金」によって行われるものであるため、本学の規定等に関わらず、当該補助金において、
     経費として認められない場合には補助対象外となる場合があります。このため、ジェンダー協働推進室と事前に協議・調整の上、適切な執行に
     努めてください。          
    ※GoToトラベル事業を利用した場合、講師招へい・出張にかかる費用は補助対象外とします。
    ※本事業による経費に不足額が生じた場合、他の研究費等と合わせて利用することが可能です。

  4. 申請方法
    申請を希望する者は、以下の書類をジェンダー協働推進室に提出願います。
     ① 申請書(別紙様式1)
     ② 予算書(別紙様式3)
     ③ 招へい等協力者リスト(別紙様式4)
     ④その他、必要に応じて書類の提出をお願いする場合があります。

  5. 申請締切
    第1回 令和3年 5月31日(月)※終了しました。
    第2回 令和3年10月29日(金)必着
    ※上記いずれの締切の場合も、補助対象は令和4年3月末までに実施するプログラムとします。
  6. ※オンラインを活用した開催の工夫も御検討いただき、海外より講師を招へいする場合は「新型コロナウイルス感染症に関する注意事項」
     (琉球大学危機対策本部)や「新型コロナウイルス感染症拡大防止の活動制限指針」等を確認の上、慎重に御判断ください。

    ※詳細については、下記募集要項を御確認ください。

    【募集要項等】
    募集要項
    申 請 書 (別紙様式1)
    予 算 書 (別紙様式3)
    招へい等予定者リスト(別紙様式4)